PMSの原因3

糖質の摂りすぎのお話をしましたが、最後にもう一つ意外な原因を教えます。
これもほとんどのお医者さんがご存じないのですが、実は鉄欠乏です。
鉄欠乏=貧血と理解している方も多いと思いますが、厳密には違います。

鉄欠乏には2種類あります。
①鉄欠乏性貧血(いわゆる貧血)
 成人では男性Hb13g/dl、女性12g/dl以下がこれに該当します。
②低フェリチン血症
フェリチン値が低い。通常の検診や検査ではフェリチンは検査しないので見逃される。
どれくらいの値を低いとみなすか明確な基準は定まっていないが、80ng/ml以下は欠乏であるケースが多い。とくに20ng/ml以下は重症。

フェリチンとは肝臓に蓄えられている貯金の鉄です。
いざというときのために人間は鉄分を貯金として備蓄しているのですが、鉄が欠乏してくるとまずは貯金の鉄であるフェリチンを使います。貯金すらも使い果たし、フェリチンがなくなったら、血液中に流れているHbを消費するようになり本物の貧血になります。
実は、この貯金であるフェリチンが欠乏するだけで貧血そっくりの症状がでます。
貧血症状で、病院で採血したけど何ともないと言われたことのある患者さんも多いと思いますが、たいていは低フェリチンが原因です。


PMSで悩んでいる患者さんの場合、見逃されやすい低フェリチン血症が原因になっている場合が多いです。
低フェリチンの患者さんの特徴を以下に示します。

①たちくらみ、めまい、耳鳴りがする
②頭痛持ち。
③アザができやすい
④喉がつかえる
⑤朝弱い。起きるのがつらい。
⑥夕方に疲れて横になる
⑦頬にシミができた または既にある。
⑧クヨクヨする。

低フェリチンの女性の顔の特徴はまずシミがあること。頭痛持ちでシミがあれば
かなり可能性大です。
貧血=色白できれいな女性  というイメージは確かに本当ですが
それは20代前半まで。30歳すぎると頬にシミが出始めて、顔色がくすんできます。
美容の大敵は鉄欠乏です。

次回は鉄欠乏の治療法について説明します。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2013-08-09 13:58 | 生理に関する話

PMSの原因2

最近増えているPMS。
しかも意外な原因で、ほとんどのお医者さんに知られていないもの・・・

それは糖質の摂りすぎです。

今の女性は子供のころから、甘いものや炭水化物いっぱいの食事をしています。
ジュース、チョコレート、キャンディーにラーメン、オムライス、カレーライスなど
巷にあふれる糖質の数々。

こういう食生活を長年続けていますと、中高年になれば糖尿病なのですが、
若い人はいきなり糖尿病にはなりません。

メンタルな症状を引き起こすのです。
調節が乱れて、血糖値が大きく上下します。
すると、イライラ、抑うつなどメンタルな症状を引き起こします。
病院の検査では、みつけることができないので、まず診断されることはありません。

PMSの患者さんの場合、ホルモンの影響が加わって、
血糖が大きく乱れているものと思われます。ピルが効かない患者さんは、
このような血糖の異常が原因であることが多いので、まずは食事を変えてみましょう。

どうすればよいのか?
糖質と炭水化物を一切食べないのが一番です。
いわゆる、糖質制限という食事法です。
最近は糖尿病の新たな食事療法やダイエット法としてもテレビや雑誌で
見受けられますが、まさにそれと同じことをすればいいのです。
お腹が空くので、カロリー制限はしませんが、それでも太ることはありません。

実際に炭水化物と甘い糖分をきっぱり止めただけで、PMSがわずか2週間で治った患者さんもいます。
クスリなしで、食事だけでPMSが治るなんてすごいと思いませんか?
PMSでお悩みの方で、そういえば甘いものや炭水化物をよく食べていたなあと
思い当たる節のある人は、まずは糖質制限を1か月間お試しを。
心のバランスが安定してきます。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2013-04-13 15:37 | 生理に関する話

PMSの原因1

PMSの原因にはいくつかあります。一般的に言われている原因としては、
①排卵によるホルモンの影響
②ビタミンB欠乏
③ストレス

ですから、リフレッシュすることを生活指導としておススメします。ストレスはビタミンBを消耗させるので、厳密に言えば、②と③は互いに影響しあいます。とはいっても、現代のストレス社会・・・
リフレッシュだけでPMSが治るほど、状況は簡単ではありません。

そこで、薬という選択肢がでてきます。
排卵することがPMSを起こすのだから、排卵を止めれば良いわけです。
ピルは避妊薬として使用されていますが、これは排卵を止めるからです。
したがって、PMSの治療にはピルがよく処方されます。

医学の教科書にもPMSの治療にピルが有効であると書かれています。
ピルは確かにPMSによく効きます。
しかし、ことはそんなに簡単ではありません。
教科書に書いているマニュアルどおりの治療で、皆が良くなってくれたら
われわれ医師は本当に助かるのですが、どういうわけか、教科書どおりに効いてくれない患者さんもいるのです。
こういう患者さんは私たちを悩ませます。
ピルが効かないPMSの人ってどういうことだろう?

いろいろ勉強しても、産婦人科の教科書には答えは見つかりませんでしたが、
栄養学のセミナーに参加したことがきっかけで、別の原因を突き止めることができました。

続きは次回。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2013-04-09 11:30 | 生理に関する話

生理前に体調の悪くなる方へ

生理前になると、倦怠感、眠気、イライラ、過食、気分の落ち込み、むくみ、頭痛など

不快な症状がでて、生理になると自然に良くなることをPMS(月経前緊張症候群)と言います。

多少なりともほとんどの女性は自覚していると思いますが、その程度がひどくて仕事に

支障をきたしたり家族や友人、恋人にも悪影響を及ぼしている場合は

治療したほうが、幸せな人生を送れるかもしれません。

PMSの患者さんのメンタルな症状は本人の努力では抑えきれないくらい強く、つい暴

言を吐いてしまい、周囲から孤立しがちです。

美人なのに恋人になぜか振られる女性や、職場を転々とする女性は、もしかして

PMSかもしれません。

まずは自分の症状がPMSであるかどうかを自覚することが必要で

カレンダーに症状を記載していくことで客観的に判断できます。

つらい症状が生理前に集中していたらそれはPMSの症状かもしれません。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2013-04-02 16:49 | 生理に関する話

更年期障害の治療法

更年期障害になった場合、どのような治療法があるのでしょうか。
主に3つの治療法があります。

①女性ホルモン補充療法
②漢方治療
③プラセンタ治療

の3つです。

女性ホルモン補充療法というのは、女性ホルモンを飲み薬や貼り薬として
使う治療です。そもそも更年期障害というのは加齢により卵巣の働きが衰えて
女性ホルモンが減ったことが原因ですから、それを薬で補充すれば良いというわけです。
効果は素晴らしく良く効きます。

ただし、欠点もあります。
副作用に、脳卒中や心筋梗塞など血栓症のリスクが高くなることや、5年以上続けた場合は乳がんのリスクも高くなることがわかっています。
したがって、誰でもこの治療を受けられるわけではなく、すでに乳がんになっている人や
血栓症になったことのある人などは受けることはできません。


漢方治療は、漢方薬を飲んで、つらい症状を緩和するものです。
更年期の症状に加えて、冷え症や肩こりが一緒に改善するケースもあります。
効果には個人差がありますが、びっくりするくらい良く効く人もいます。
副作用も少ないので、女性ホルモン補充療法にためらいを感じる患者さんでも
漢方なら試してみようかしらという方も多く、始めやすいのが利点です。

ただし、漢方治療は全ての産婦人科の先生ができるわけではないので
漢方を使いこなせる先生を探す必要があります。
自費診療と保険診療の両方がありますので、治療を受ける前に
自費になるのか保険になるのかを確認しましょう。

最後にプラセンタ治療です。
胎盤から抽出したエキスのことをプラセンタエキスといいます。
それを注射やサプリメントで補う治療です。
美容にも良いので、化粧品などにも利用されていますが、実は更年期障害の治療にも有効です。
こちらも素晴らしく効果があります。
疲労や肩こり、冷えなども改善します。

こちらも自費診療と保険診療の両方がありますので、治療を受ける前に自費になるのか保険になるのかを確認しましょう。また、注射の治療を受ける場合は、献血ができなくなるのでご注意ください。献血できなくなるのは嫌な人は、サプリメントを選ぶか他の治療法を選択しましょう。


上記3つの治療で、どれが一番良いのかと良く尋ねられますが
そもそも一番いい方法があるなら、私たちもその治療をおススメします。
でも更年期障害の治療法には一番がないのです。
患者さんひとりひとりによって体質も症状も違うからです。
ですから、患者さんが最も興味があり、望む治療が一番良いのです。
一つ試して効果が実感できなければ、別の選択肢も試してみれば良いのです。
それで自分に最も適した治療法がわかるからです。

自分に合った治療法に出会えた時、患者さんは目に見えて元気になっていきます。
「今までの我慢が何だったのか、もっと早く始めれば良かった」という患者さんの多いこと!

患者さんが元気になってくれるなら、どの治療法でも医師としては満足なのです。
そういう姿を見るにつけ、治療は医師が押し付けるものではなく、患者さんの決定権が最も大切なのだと感じさせられます。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2012-02-08 19:16 | 更年期の話

更年期の症状 その6 心血管系疾患の発症

更年期になりますと、高脂血症、高血圧、心筋梗塞、狭心症や脳卒中などの疾患が増加します。
とくに50歳以上では心血管系の疾患の増加が目立ちます。
心筋梗塞や脳卒中は発症が突然で、致死率の高い疾患であるため、予防が肝心です。

魚を1日180g摂取する人は平均23gしか摂取しない人に比べて
心筋梗塞の発症率が約半分であるというデータがあります。
魚に豊富に含まれるω-3脂肪酸には、血液をサラサラにしたり、中性脂肪を低下させる作用が
あるため、魚の摂取は虚血性心疾患の予防には望ましいのです。


ここで油について詳しく説明いたします。

油はすべてが悪いわけではなく、人間が健康に生きていくには良質な油の摂取は必要です。
悪い油の摂取を控え、良い油を積極的に摂取することが必要なのです。


脂肪酸で我々が知らず知らずのうちに過剰に摂取しているのが、ω-6脂肪酸です。
コーン油、紅花油、ひまわり油など一般的な油に含まれています。
これらの油は、通常の食生活では過剰摂取していますので、まずは意識して摂取を控えることが大切です。




トランス脂肪酸といわれる超悪玉の油があります。
ファーストフード食品やスナック菓子、ケーキ、マーガリンなど、私も皆さんも大好きな油の
ほとんどはこれです。パリッとした揚げ物に仕上がりますので、やはり美味しいと感じてしまいます。
トランス脂肪酸の過剰摂取は心血管系疾患の増加につながりますので、極力食べないようにしましょう。
とはいえ、私も悪いとわかっていてもつい、食べてしまうので、人のことは言えないのですが……。


ω―3脂肪酸は、魚に多く含まれる良い油です。
魚を毎日食べれば良いのですが、魚が苦手な人もいらっしゃるでしょうし
毎日魚を180g食べるのは結構大変ですよね。

そこで、魚以外から摂取するには、亜麻仁油、しそ油、えごま油を摂取するのが有効です。
ただ、問題点なのは、これらの油は酸化しやすく保存が難しいという点です。
購入したら、暗室に保存し、早めに使い切る必要があります。
また、普通のスーパーマーケットではあまり売られていないため、入手しにくいという問題もあります。

ちなみに、私は亜麻仁油をインターネットで購入し、サラダのドレッシングにして食べています。
くせがなく、食べやすい油ですのでご興味ある方はお試しを。

ω-3の油は入手が難しいし、不便を感じている方におススメなのが、オリーブ油です。
オリーブ油はω-9の油に属します。ω―3ではないのですが、酸化しにくく保存もしやすく
普通のスーパーマーケットに売られていますから、購入も手軽です。
悪い油でもありませんから、普段の調理に使うなら、こちらの油の方が実用的ではあります。

オリーブ油でたっぷりの魚介類を調理するイタリアンなどの地中海料理は、おススメの料理です。

中高年になりますと、健康志向で油ものを控える人も多いのですが、
実は良い油は積極的に摂取したほうが、心血管系疾患の予防には良いのです。
正しい油の知識を身に着け、良い油は積極的に摂りたいものです。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2011-12-07 22:29 | 更年期の話

更年期の症状 その5 骨粗鬆症の発症

更年期に伴い、骨も弱くなります。
卵巣の働きが衰え、女性ホルモンが減ってくると
骨からカルシウムが溶け出しやすくなります。
その結果、更年期になると骨粗鬆症になりやすくなるのです。


50歳の女性の5人に2人は背骨がつぶれる危険があり
4人に1人は股関節の骨折により寝たきりになる危険があると言われています。
したがって、そうなる前に骨を強くして骨折を防ぐことが大切です。

まず骨折しやすい人のリストを挙げましょう。

◆牛乳や乳製品は嫌い
◆小魚や豆腐はあまり食べない。
◆魚料理より肉料理が好き
◆加工食品やインスタント食品をよく食べる
◆コーヒーや紅茶をよく飲む
◆お酒をよく飲む
◆極端なダイエットをしたことがある
◆運動は嫌い、体を動かすことも少ない
◆天気が良くてもあまり外にでない
◆たばこを吸う

いかがでしたでしょうか?該当事項が多い方は注意しましょう。

骨粗鬆症の予防策ですが、必要なのは①カルシウム ②日光 ③運動 の3つです。

①カルシウムですが、予防には1日800~1000mgが望ましいです。
日本人の1日あたりのカルシウム摂取量は約500mg程度ですから
普通に食事していたのではとても足りません。
やはり意識して摂取する必要があります。
さらに加齢とともにカルシウムは吸入されにくくなるため、その分余計に摂取する必要があります。


カルシウムは乳製品、魚介類、大豆に多く含まれていますので
それらを積極的に摂取することがおススメです。
効率的にカルシウムを摂取する注意点として、リンを含む食べ物を控えることが重要です。
リンはカルシウムの吸収を妨げるからです。
リンはインスタント食品、かまぼこなどの練り物に防腐剤・酸化防止剤として多く含まれていますので、これらの摂取を控えましょう。


また、食塩の過剰摂取も望ましくありません。塩分はカルシウムを体の外に出してしまうからです。
一方、ビタミンDはカルシウムの吸収を助けてくれますので、積極的に摂取しましょう。
ビタミンDはきくらげ、魚、天日干しの椎茸に多く含まれています。



②日光浴
日光浴をするとビタミンDがつくられます。
したがって、カルシウムが吸収されやすくなります。
イスラム教徒のマントをかぶった女性は、日光があたらないため骨粗鬆症が多いのをご存じでしたでしょうか。
そのことからも適度な日光浴はおすすめです。


顔と手に日光をあびることが大切です。真冬でも昼に一日15分は必要です。
朝の散歩やジョギングなどで日光をあびるのも良いと思います。
ただし、紫外線の当たりすぎにはご注意ください。何事も節度が大事です。



③運動ですが、筋力を維持して転倒による骨折を防ぐために役立ちます。
運動しないと1年に1%ずつ筋力は低下していきます。
ですから、運動して筋力の低下を防ぐのが重要なのです。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2011-10-07 22:32 | 更年期の話

更年期の症状 その4 泌尿生殖器症状

頻尿、尿漏れ、外陰部のかゆみ、膣の乾燥感、性交痛などが、あてはまります。

①頻尿、尿漏れ 

更年期女性の2人に1人は多少なりとも尿漏れの自覚はあります。
軽症であれば、骨盤の筋肉を引き締める体操をすれば改善が期待できます。
しかし、ある程度進行してしまって外出や日常生活に差し支えるようなら
薬がありますので治療を受けると良いでしょう。

②外陰部の痒み 
 
慢性的な痒みがほとんどです。患者さんにいつから痒いのですかと尋ねると
何年も前からとか、この半年ぐらいとか答える方が多く、経過の長い方が多いです。
患者さんは、何かバイ菌にでも感染したかと心配で受診されますが、検査をしても
何にも異常ありません。治療は痒み止めのクリームを処方します。

③膣の乾燥感、性交痛  

更年期になり、女性ホルモンが低下すると、膣に潤いがなくなり乾燥しがちになります。
加えて、若いころに比べて膣も狭く小さくなりますので、性交時にも痛みを訴える女性が多いのです。


こういうことをなかなかご主人に打ち明けられず、密かに悩んでいる女性も多いものです。
ご主人に愛情がないわけではないのですが、あまりに痛いので、さすがに拒否してしまうというわけです。


このような場合には、性交時に潤滑ゼリーの使用をおススメしています。
ドラッグストアで、1000円前後で販売されています。
また、ドラッグストアで購入しにくいという方には、当院でも販売していますので
お気軽にご相談ください。

ちなみに、閉経して膣が狭くなった女性は、子宮がん検診時に痛みを感じる方も多いです。
したがって、当院では、できるだけ小さいサイズの診察器具を使用して、痛みがでないよう
に配慮しています。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2011-08-04 04:35 | 更年期の話

更年期の症状 その3 精神神経症状

更年期になりますと精神的な変化も訪れます。

①集中力が低下したり、記憶力が低下する。
②情緒不安定になり、イライラしたり、怒りっぽくなったり、涙もろくなる。
不安感、焦燥感、抑うつ気分になる。
③不眠

などが、更年期の精神神経症状です。

ただし、精神的な症状は複雑な要素がからむため、すべてが更年期のせいだというわけでもありません。
更年期障害の治療にはいくつかの方法があるのですが、一般的な更年期障害の治療をおこなっても、精神症状にはまったく効果がない場合もあります。

そのような場合には、更年期ではなくうつ病などの精神病である可能性が高いので、心療内科や精神科の先生の治療が必要になります。

また、ご主人との関係が上手くいっていないケースや、お子さんなど家族との関係が上手くいっていないケースなど、患者さん本人が、これまでの自分の人生って何だったのだろうと悩みがあり、自分の人生に何らかの問題を抱えている場合にも、当然精神症状がでてきます。


このような場合は、本人の人生に問題点があるわけですから、精神的に悩むのはある意味当然で、更年期のせいでも精神病のせいでもないわけです。
医療的な治療を受けても、そもそもの原因である人生の問題を解決しない限り、症状は治りません。

私自身も、多くの更年期の患者様を診療していますが、純粋な更年期障害の患者さんは、治療すれば驚くほど改善するケースが多いものです。

しかし、治療をしても、なかなか改善しないケースは、よくよく話を聞いてみますと、
本人の人生的な問題が背景にありそうだなあと感じる場合が多いのです。
ただ、それがわかっていたとしても、医師としてはそれ以上介入するわけにもいきませんので、そこが難しいところではあるのですが……。



次回は更年期の泌尿生殖器症状についてお話します。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2011-07-26 05:11 | 更年期の話

更年期の症状 その2 自律神経失調症状

更年期になり、自律神経が乱れますと、様々な不快な症状がでてきます。

最も有名なのは、ホットフラッシュと呼ばれる、顔がのぼせて汗が出てくる症状です。
周囲の人が涼しい顔をしているのに自分だけ暑くて汗ダラダラといった症状がでます。
また、のぼせるのでお風呂に長く浸かっていられないという方もいらっしゃいます。

他にも、めまい、寒気、冷え、動悸、息苦しさ、疲労感、頭痛、肩こりなども
自律神経失調による症状にあてはまります。

症状の発現頻度ですが、実はホットフラッシュがみられるのは20~40%程度で
それほど高くありません。
むしろ、肩こりが50%、易疲労感が40~80%、頭痛が30~60%と
これらの発現頻度の方が高いのです。

ですから、のぼせはないけど、最近やたら疲れるようになった。
肩こりもひどくなったし、若いころに比べて体調がすぐれないと感じるようになったら
更年期のサインかもしれません。

更年期症状は単独で発生することはなく、上記の症状をいくつも自覚することがほとんどです。

必ずしも、ホットフラッシュを伴うわけではありませんので、ご注意ください。

次回は、更年期の精神症状についてお話します。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2011-07-07 00:34 | 更年期の話