カンジダ症とは

さて、今回はこれまでのテーマと違うお話をします。
カンジダ症についてのお話をしましょう。

カンジダ症は産婦人科の診療では日常よく遭遇する病気です。
ほぼ毎日カンジダ症の患者さんをみるくらい多い病気ですから
皆さんのなかにも、カンジダ症になったことのある人、いらっしゃると思います。

ちなみに私も過去に2回、カンジダ症になったことがあります。

さて、このカンジダ。

何かと言いますとズバリ、カビの一種です。
エッチでうつる性行為感染症の一種ではありますが、エッチしなくても感染します。
カンジダ症になる女性のほとんどは、むしろエッチが原因ではありません。

もともと、女性の膣の中はジメジメとしていて湿っている場所なのですが、
こういう湿度の高いところというのは、カンジダのようなカビが生えやすい
環境なのです。
したがって、膣の中では、カビが自然発生することがあるのです。

どんな時にカンジダが発生するかと言いますと、疲労がたまっているときや、
風邪をひいて体調を崩したりしていて、身体の免疫力が低下しているときに
発生しやすくなります。

妊娠中なども、免疫力が低下しているので、カンジダが発生しやすくなります。
また抗生物質を飲んだ時なども、膣の中の細菌バランスが崩れて
カンジダが発生しやすくなります。
糖尿病の人もなりやすいです。

このカンジダ、エッチしなくても、自然発生するわけですから
小学生の女の子でも発症します。

カンジダ症の自覚症状として最も多いのは、外陰部の痒みです。
白いチーズのようなおりものがでるのも特徴ですが、必ずしもそうとは限りません。


診断は、おりものを検査すれば簡単にわかります。

カンジダ症と診断されたら、膣の中に薬を入れて治療します。
また塗り薬も処方します。
1-2週間もあれば、たいていの人は治りますのでご安心を。
[PR]
by ikomatomomiclinic | 2010-11-26 17:30 | 性行為感染症の話
<< 私のカンジダ体験 その1 子宮頸がん検診の舞台裏 その2 >>