痛みのあまりおしっこもできないヘルペス感染症

ヘルペスというウイルスがあります。
これがエッチで性器に感染すると、初感染の場合はものすごい痛みを伴います。
性器に水ぶくれや潰瘍ができて、見るからに痛そうな病気ですが、
痛みのあまり、おしっこすらできず、重症の場合には入院になることもあるんです。

新婚旅行から帰ってきた新妻さんがこのヘルペスに感染し、
帰宅後早々に入院なんてこともありました。

ご主人さんが、心配そうに奥さんの手を握って看病していましたが、

私からすると、
「そもそも移したのはあんただよ!」
なんて心の奥底で思っちゃいます。

今後のご夫婦の幸せを願い、加害者はご主人であることを
ご本人達には言えませんでした。

優しそうなご主人が「もしかして僕のせい?」
なんておっしゃったので、つい、「いいえ、違いますよ」
なんて思わず嘘をついてしまいました。

病気の内容によっては、医師はわざと説明をあいまいにしてしまう場合があります。

性行為に関連した病気はやはり気をつかいます。

ちなみにこのヘルペス感染症。
一旦このウイルスに感染してしまったら、根本的に治すことはできません。
とりあえずは薬で水泡や潰瘍は治せます。
でも再発もします。
年をとり、おばあさんになっても再発しますので、ある意味で
一生涯のお付き合いが必要な病気です。
再発の場合、症状は軽くイタ痒い程度で済みますので、入院することはまずありません。
塗り薬により1-3週間で治りますのでご安心を。
[PR]
by ikomatomomiclinic | 2011-01-14 17:30 | 性行為感染症の話
<< 性器にイボができる病気 コンジ... 不妊にもなるクラミジア感染症 >>