性器にイボができる病気 コンジローマ感染症

コンジローマ感染症とは、性器にモコモコしたイボがたくさんできる病気です。
見た目がグロテスクなので、素人目にもわかるためすぐに発見されます。

このイボを治療するには、塗り薬か手術で焼き切る方法の2種類があります。

しかし治療しても完治はできません。
再発率が高く、一旦感染してしまったら、ほぼ一生涯お付き合いが必要な病気です。
残念ながら今の医学レベルでは完治させることは不可能だからです。
イボが再発するたびに塗り薬で治すか手術するかのどちらかを選択します。

そもそも、コンジローマ感染症の原因は
ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因です。
エッチでうつります。

実は、このウイルスは子宮頸ガンの原因ウイルスと同じ仲間でもあります。

同じHPVですが、両者のウイルスは厳密にはすこし違います。

というのも、HPVは100種類以上のタイプが存在し
それぞれには、例えば16型、11型とかいうふうに番号がつけられています。

子宮頸ガンの原因となるHPVは16型、18型、52型、56型などですが、
コンジローマの原因となるHPVは6型とか11型なのです。
同じHPVでも番号が違うのです。

ちなみに現在発売されている子宮頸がん予防ワクチンは
16型と18型のHPVに対するワクチンなので
このワクチンでコンジローマは予防できません。

実は海外ではこのコンジローマも予防してくれるワクチンが既に発売されています。
日本ではまだ認可されておらず受けることができませんが
近い将来受けることができるようになるでしょう。

コンジローマ感染そのものは命に関わる病気ではありませんが
性器にイボイボがたくさんできるのはかなりショックなことだと思いますから
感染しないに越したことはないですよね。

ワクチン認可が待ち遠しいです。
[PR]
by ikomatomomiclinic | 2011-01-17 17:30 | 性行為感染症の話
<< 子宮体がんとは 痛みのあまりおしっこもできない... >>