月経不順の人は子宮体がんに要注意

月経不順には様々な原因があるのですが、その中でも特に注意が必要なケースに
多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせい らんそう しょうこうぐん)
と言われる病気があります。

難しい病名が出てきたので、読む気が失せた方ごめんなさい。

わかりやすく言いますと、排卵できなくなる病気です。
原因は現在の医学でもまだ解明されていません。
排卵できないものですから、不妊になったり、月経不順になったりします。

月経不順の人で、一度も検査を受けたことのない人は一度婦人科で調べてもらいましょう。
このように思わぬ病気が見つかることがあります。

そして、この病気。
不妊になるだけでは済まないのです。

実は若年性の子宮体がんになりやすいのです。
通常、子宮体がんは50歳以上の中年女性に発症することが多いのですが、
多嚢胞性卵巣症候群の人は30代でこの子宮体がんを発症することがあるのです。

私自身も医師として36歳の子宮体がんの患者さんを診たことがあります。
若いころから月経不順だったそうですが、これまで特に検査を受けたことはなかったそうです。
お腹の調子が悪くなり、病院を受診したら、なんと既に手遅れの子宮体がんが見つかってしまいました。
御本人にとってもまさかの現実だったと思います。

まれではありますが、こういうケースもありますので、月経不順の方は、一度病院で調べてもらいましょうね。
[PR]
by ikomatomomiclinic | 2011-01-28 17:30 | 子宮体がんの話
<< ピルは子宮体がんを予防してくれる 子宮体がんの診断は難しい >>