生理前に体調の悪くなる方へ

生理前になると、倦怠感、眠気、イライラ、過食、気分の落ち込み、むくみ、頭痛など

不快な症状がでて、生理になると自然に良くなることをPMS(月経前緊張症候群)と言います。

多少なりともほとんどの女性は自覚していると思いますが、その程度がひどくて仕事に

支障をきたしたり家族や友人、恋人にも悪影響を及ぼしている場合は

治療したほうが、幸せな人生を送れるかもしれません。

PMSの患者さんのメンタルな症状は本人の努力では抑えきれないくらい強く、つい暴

言を吐いてしまい、周囲から孤立しがちです。

美人なのに恋人になぜか振られる女性や、職場を転々とする女性は、もしかして

PMSかもしれません。

まずは自分の症状がPMSであるかどうかを自覚することが必要で

カレンダーに症状を記載していくことで客観的に判断できます。

つらい症状が生理前に集中していたらそれはPMSの症状かもしれません。
[PR]
by ikomatomomiclinic | 2013-04-02 16:49 | 生理に関する話
<< PMSの原因1 更年期障害の治療法 >>