PMSの原因2

最近増えているPMS。
しかも意外な原因で、ほとんどのお医者さんに知られていないもの・・・

それは糖質の摂りすぎです。

今の女性は子供のころから、甘いものや炭水化物いっぱいの食事をしています。
ジュース、チョコレート、キャンディーにラーメン、オムライス、カレーライスなど
巷にあふれる糖質の数々。

こういう食生活を長年続けていますと、中高年になれば糖尿病なのですが、
若い人はいきなり糖尿病にはなりません。

メンタルな症状を引き起こすのです。
調節が乱れて、血糖値が大きく上下します。
すると、イライラ、抑うつなどメンタルな症状を引き起こします。
病院の検査では、みつけることができないので、まず診断されることはありません。

PMSの患者さんの場合、ホルモンの影響が加わって、
血糖が大きく乱れているものと思われます。ピルが効かない患者さんは、
このような血糖の異常が原因であることが多いので、まずは食事を変えてみましょう。

どうすればよいのか?
糖質と炭水化物を一切食べないのが一番です。
いわゆる、糖質制限という食事法です。
最近は糖尿病の新たな食事療法やダイエット法としてもテレビや雑誌で
見受けられますが、まさにそれと同じことをすればいいのです。
お腹が空くので、カロリー制限はしませんが、それでも太ることはありません。

実際に炭水化物と甘い糖分をきっぱり止めただけで、PMSがわずか2週間で治った患者さんもいます。
クスリなしで、食事だけでPMSが治るなんてすごいと思いませんか?
PMSでお悩みの方で、そういえば甘いものや炭水化物をよく食べていたなあと
思い当たる節のある人は、まずは糖質制限を1か月間お試しを。
心のバランスが安定してきます。
[PR]
by ikomatomomiclinic | 2013-04-13 15:37 | 生理に関する話
<< PMSの原因3 PMSの原因1 >>