カテゴリ:子宮体がんの話( 4 )

ピルは子宮体がんを予防してくれる

子宮体がんですが、予防法はあるのでしょうか?
子宮頸がんの予防はワクチンです。
一方、子宮体がんの場合はピルが予防になるのです。

そもそも子宮体がんの原因はエストロゲンという女性ホルモンが原因です。

ピルにはエストロゲンとプロゲステロンという
2種類の女性ホルモンが含まれています。
エストロゲンのみですと子宮体がんになりやすくなるのですが、
エストロゲンとプロゲステロンの両方を摂取すると
むしろ子宮体がんになりにくくなるのです。

不思議ですね。
プロゲステロンには子宮内膜の増殖を防ぐ作用があるためと言われています。

ちなみにおまけですが、ピルは卵巣がんも予防してくれます。

多嚢胞性卵巣症候群や月経不順の人の治療にピルを使うことがありますが、
それは生理周期を整える目的と同時に子宮体がんを予防することも必要だからです。

また、肥満や糖尿病も子宮体がんのリスクとなりますので
そうならない生活習慣も予防には大切だと思います。

最後に、出産することも子宮体がんのリスクを減らします。
子だくさんの女性にとっては嬉しい話ですね。

子宮体がんを予防するためだけにピルを飲む必要はないと思いますが
生理痛がひどくて鎮痛剤だけでは痛みが取りきれない人や
月経不順や避妊希望がある人には、ピルは選択肢としてはありだと思います。
[PR]
by ikomatomomiclinic | 2011-02-01 17:30 | 子宮体がんの話

 月経不順の人は子宮体がんに要注意

月経不順には様々な原因があるのですが、その中でも特に注意が必要なケースに
多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせい らんそう しょうこうぐん)
と言われる病気があります。

難しい病名が出てきたので、読む気が失せた方ごめんなさい。

わかりやすく言いますと、排卵できなくなる病気です。
原因は現在の医学でもまだ解明されていません。
排卵できないものですから、不妊になったり、月経不順になったりします。

月経不順の人で、一度も検査を受けたことのない人は一度婦人科で調べてもらいましょう。
このように思わぬ病気が見つかることがあります。

そして、この病気。
不妊になるだけでは済まないのです。

実は若年性の子宮体がんになりやすいのです。
通常、子宮体がんは50歳以上の中年女性に発症することが多いのですが、
多嚢胞性卵巣症候群の人は30代でこの子宮体がんを発症することがあるのです。

私自身も医師として36歳の子宮体がんの患者さんを診たことがあります。
若いころから月経不順だったそうですが、これまで特に検査を受けたことはなかったそうです。
お腹の調子が悪くなり、病院を受診したら、なんと既に手遅れの子宮体がんが見つかってしまいました。
御本人にとってもまさかの現実だったと思います。

まれではありますが、こういうケースもありますので、月経不順の方は、一度病院で調べてもらいましょうね。
[PR]
by ikomatomomiclinic | 2011-01-28 17:30 | 子宮体がんの話

子宮体がんの診断は難しい

子宮体がんの検査は、子宮頸がんと同様、子宮から細胞をこすって取ってきて
顕微鏡で調べます。
これだけ聞いたら、とても簡単な検査のように感じますが、実際はそう簡単ではないのです。

といいますのも、子宮頸がんの検査をするときは、診察すると簡単に子宮頸部そのものを
目で見ることができます。
子宮の出口なので簡単に見ることができるのですね。
見えるところを検査するのはとても簡単です。

一方、子宮体がんの検査する場所は、子宮の中そのものなので、診察しても見えない場所なのです。
我々医師は、その見えない子宮の中に、細い棒のような検査器具を挿入して細胞を取ってくるのです。

ですから、言い方は悪いですが、検査器具の棒にうまく癌細胞がひかかってくれるかどうかは
運次第ということになります。
実際、このような手法ですと、子宮体がんの検出率はわずか60%しかないと言われています。


つまり、本当は子宮体がんがあるにもかかわらず、検査の結果で異常なしと
誤診されてしまう人が40%もいるということになるのです。
これでは検査法としてはいまいちですよね。

ではそうすれば、子宮体がんの検査をもっと確実なものにすることができるのでしょうか?

それは、超音波検査と子宮体がんの精密検査である組織検査を併用することです。
これにより検出率は90%以上とかなり高くなります。
ただし、この検査は通常の検診ドックではできません。
やはり病院を受診しないと受けられないのです。

皆さん、子宮頸がん検診は、地域のバス検診や職場の検診でも受けられますが、
子宮体がん検診ってあまり聞きなれないと思います。
それは、子宮体がんを正確に診断すること自体が難しく
検診のシステムとして普及させにくいという事情があるからです。

医師の側にとっても、子宮体がんの診断を正確に行うことは、かなり難しいことなのです。
いろいろ検査をしたにも関わらず、子宮体がんが見つからず、
再検査を何度も受けてようやく子宮体がんが見つかったというケースもよくあります。

患者さんは、今の医学は進歩しているから、検査さえ受ければ
何でもわかると思っていらっしゃるかもしれませんが、現在でもなお、診断が難しい病気はあるものです。

子宮体がんはその一つと言えるでしょう。


ちなみに子宮体がんの検査は、少し痛いです。
[PR]
by ikomatomomiclinic | 2011-01-25 17:30 | 子宮体がんの話

子宮体がんとは

子宮がんって2種類あるとご存知ですか?
しかもその違いわかりますか?
実は、一般の人には意外に知られていなかったりします。

妊娠中に赤ちゃんが育つ空間が子宮体部と呼ばれる場所のことです。
一方、出産のときに赤ちゃんが子宮から出てくる出口となる部分は子宮頸部に相当します。

ガンが、子宮の中そのものにできれば子宮体がんと呼び
子宮の出口にできれば子宮頸がんと呼びます。

e0210248_15153779.jpg


同じ子宮がんとは言っても、両者は原因も治療法もまったく異なります。
したがって、この二つは全く別の病気と理解してください。

そもそも、子宮頸がんの原因はエッチで移るヒトパピローマウイルス(HPV)です。
(詳細は子宮頸がんの話 参照)

それに対し、子宮体がんの原因は女性ホルモンの一種であるエストロゲンなのです。

原因が違うのですから、発症する年齢にも違いがあります。
子宮頸がんは20~30代の若い女性に増加していますが
子宮体がんは50歳以上の中年女性に多く発症します。


女性を女性らしくするためのエストロゲンですが、良いことにだけ働いてくれるのではなく
場合によっては、ガンのような病気を引き起こし、不都合にも働くのです。
女性ホルモンが女性に悪さするというのも皮肉な話です。

では、子宮体がんはどのような人に多いのでしょうか?
女性ホルモンのエストロゲンが原因ですから、エストロゲンが多い人がなりやすい
ということは容易に想像がつきますよね。


実は肥満女性に多いのです。
肥満の元である脂肪細胞からはエストロゲンが作られているのです。
太った人は肌に艶がありピチピチしていますが、それは単に膨れているからではなく
脂肪細胞からでるエストロゲンのおかげでもあります。

また、閉経後の女性や月経不順の女性、出産歴のない女性も子宮体がんになりやすいと言われています。

したがって、独身で、小肥りで、もともと月経不順ぎみの女性は要注意かもしれません。


次回は、子宮体がんの検査法について説明いたしましょう。
[PR]
by ikomatomomiclinic | 2011-01-21 17:30 | 子宮体がんの話