更年期の症状 その1 生理の異常

更年期に起こる症状は様々です

①生理の異常
・ 生理周期が短くなる。月に2回生理が来ることも。
・ 逆に、生理周期が長くなる。2-3か月に1回しか生理がこなくなったとか。
・ 生理以外の出血(不正出血)
・ 生理が止まらなくなって8日以上続く。
・ 生理の大量出血

などです。

生理の始まりと終わりも歯切れが悪くなり、少量の出血が続いた後
生理らしき量のしっかりした生理が来るとか
生理が終わりそうで終わらないダラダラとした少量の出血が
続くといった症状がみられるのも更年期の症状です。


ちなみに私は、生理の大量出血でショックになり緊急入院した患者様を診たことがあります。
たかが生理とはいえ、場合によってはこんな重症になることもあるので、要注意です。


また、重要なこととして更年期の不正出血と紛らわしいのが、子宮がんによる出血です。
とくに更年期の女性は、子宮がんの中でも、子宮体がんに注意しなければなりません。
子宮体がんの検査は通常、検診で受けることがないため、やはり病院を受診する必要があります。

私は、更年期の患者様が不正出血を理由に病院を受診されたときに、
必ず子宮体がんの検査をします。

更年期の出血なのか子宮体がんの出血なのか見分ける必要があるからです。
なんでも更年期だと決めつけてしまうと、思わぬ大病が隠れていることもあるので
やはり検査は必要です。

次回は更年期の自律神経失調による症状について説明致します。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2011-06-04 22:19 | 更年期の話

更年期とは

今日は、更年期についてお話し致しましょう。

そもそも更年期とはいつの時期を指すのでしょうか?
実は、具体的に何歳から何歳までと決まっているわけでないのです。

閉経前後のそれぞれ数年間、あわせて10年ちょっとの期間を更年期と呼ぶのですが
閉経する年齢には個人差がありますから、人によって更年期の時期も多少は異なります。

例えば、50歳で閉経した人の場合は、45歳ぐらいから55歳ぐらいまでの期間という
ことになります。
早い人ですと、40歳ぐらいから更年期に入る場合もあります。

ちなみに閉経ですが、1年間生理が来ないと、閉経したとみなします。
ほとんどの女性が43歳~56歳までの期間に閉経を迎えます。
日本人の平均の閉経年齢は約50歳です。

43歳よりも若く閉経してしまうのは早発閉経と呼ばれる病気ですので
病院を受診しましょう。

また、子宮筋腫がある人は閉経するのが遅めの人が多いです。


次回は、更年期に起こりやすい症状についてお話しましょう。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2011-05-30 21:48 | 更年期の話

緊急避妊薬が新発売します

明日いよいよ緊急避妊薬が新発売されます。
これまでも緊急避妊に使用する薬はあったのですが、それはあくまで非公認のものでした。
今回の薬は、厚生省が緊急避妊を適応として公に認めた薬です。

方法は簡単で、性交後72時間以内に薬を1回服用するだけです。
避妊効果は98.9%です。
従来の緊急避妊法に比べても、避妊効果は高いです。
また、従来の方法では副作用である吐き気が50%もの頻度で発症したのですが、
今回の新薬は23%まで副作用の頻度も減りました。

いいことずくめの新薬ですが、値段が高いことが難点です。
地域や病院によって値段は変わりますが、15000~20000円ぐらいです。
当院では15000円です。
中絶する費用に比べれば、安いのかもしれませんが、それなりのお値段です。

やはり避妊は日常的におこなうべきですね。
そうすればこんなに高いお金を払わずに済みますもん。
皆さん、どうしてもやむを得ないときにだけ、この高い薬を使用しましょう。
むやみに使っては財布が持ちません。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2011-05-23 14:56 | 避妊の話

 乾燥肌による外陰部の慢性的な痒み

御無沙汰していました。開業以来、何かと忙しくブログが更新できずにいましたが、
ようやく仕事にも慣れてきましたので、そろそろブログを再開しようと思います。

当クリニックにお越しいただく患者様の中で
陰部の痒みを理由に受診される患者様のうち、乾燥肌による痒みが原因である方が
あまりにも多いので、詳しく説明してみたいと思います。

通常、陰部の痒みといえば、考えられる病気はカンジダ症か、かぶれによる湿疹か、
ヘルペス感染症が主な原因です。

しかし、もうひとつあるのです。
実は、乾燥肌による痒みなのです。
特に、50-60代くらいの女性に多いです。

「お風呂上りに痒くなるとか、寝るときに布団に入ると痒くなる。
だけどいつも痒いわけではないので、すぐに病院を受診するわけでもなく
慢性的な経過がたってしまった。とはいえ、病気かもしれないし
心配なのでようやく決心して病院を受診した」
という患者さんのパターンが多いです。

カンジダ症のような病気は、急激に痒くなります。
とうてい我慢できないので、すぐに病院を受診する患者さんが多いのですが
乾燥肌による痒みは我慢できない痒みではありません。
ですので、慢性的な経過を持っている患者様に多くみられます。

女性は閉経して数年も経つと肌に潤いがなくなり、乾燥しがちになります。

それに気づかず、何かバイ菌でも付いたかと誤解して
お風呂でいっそうゴシゴシと陰部を洗ってしまうと、肌の脂質分が取れてしまい
ますます乾燥して痒くなるという悪循環を引き起こします。
なかには乾燥がひどくなりすぎて、肛門まで痒くなる場合もあります。

乾燥肌による痒みの治療はまず、乾燥を防ぐことです。
お風呂でゴシゴシ洗わない。
せっけんを必ずしもつけなくても十分汚れは落ちています。
陰部だけでなく、手も足も体中が乾燥して痒い人は、タオルでゴシゴシ身体を洗うのを止めましょう。
脂分が抜けて益々痒くなります。


一番良いのは手で身体を洗うことです。
初めは洗った気分がしないかもしれませんが、実は汚れはこれで十分落ちているのです。
実は、私自身も乾燥肌なので、お風呂やシャワーをするときは、手で身体を洗っています。
そして、背中の手の届かないところだけ、柔らかいタオルで洗います。
以前は液体ボディーソープを使用していましたが、手で身体を洗うようになってからは
固形せっけんの方が使いやすいので、そちらを使用するようになりました。
無添加の純せっけんを使用しています。

ナイロン製のゴシゴシタオルは、いかにも洗った気がしてスッキリするかもしれませんが
乾燥を悪化させるので乾燥肌の人は止めましょう。

特に最近の家は高断熱高気密で、夏は涼しく冬は暖かく過ごせるのですが
部屋の中は乾燥しています。
新築の家を建てた途端、家の中が乾燥して、乾燥肌が悪化した人もいらっしゃると思います。
加湿器を使用して湿度を適度に保ちましょう。


それでも、乾燥して痒い人には保湿クリームや痒み止めクリームを処方しています。

ちょっとした知識があれば、肌の乾燥は防げますので、皆さんもお試しくださいませ。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2011-05-02 23:01 | 更年期の話

ピルの話 その2 副作用 知っていれば怖くない

患者さんが、ピルに躊躇する一番の理由は副作用に対する不安感です。
ただ、どんな副作用があるのかを詳しく理解している患者さんはほとんどいません。
ピルはホルモン剤だから怖いものと何となく感覚的に感じておられる方がほとんどのようです。


そこで、今日はピルの副作用について詳しく説明してみましょう。
ピルも他の薬と同じく、重症なものから軽微なものまで
細かく数え上げればきりがないほど多種多様な副作用がありますが
わかりやすくするために、ここではポイントを絞って説明していきます。

①副作用 太る。
ピルは太るから飲みたくないという患者さんがいらっしゃるのですが、
そんなに頻度は高くないのです。せいぜい100人に2-3人程度で
しかも2-3kg程度です。
ピルのせいでどんどん太り続けるということはまずありません。

②血栓症
血が血管内でつまってしまう病気ですが、ピルを飲むと5倍リスクが高くなる
と言われています。実は妊娠中も血栓症のリスクが高くなるのですが
ピルよりも、妊娠中の方がはるかに危険です。
40歳以上の方にはピルはおススメしませんが
健康な若い女性であれば、血栓症のリスクはほとんどありません。

③脳卒中
ピルで2倍リスクが増加。
ですから、40歳以上の方や偏頭痛の方にはピルはおススメしませんが
健康な若い女性であればリスクはほとんどありません。

④乳癌
これまではピルでリスクが増加すると言われていましたが
実際はほとんど影響がなかったことがわかりました。

⑤子宮頸がん
5年以上飲むとリスクが増加。
ピルを5年以内に辞めればリスクはありません。
また、子宮頸がんはワクチンで予防できますので
ワクチンと併用すればリスクはかなり減ると言ってもいいでしょう。

こういうふうに副作用を列挙すると怖いことばかりだと思うかもしれませんので、
今度はピルの効果を挙げてみましょう。

①卵巣がんの予防
ピルでリスクが半分になる。

②子宮体がんの予防
ピルでリスクが半分になる。

③大腸がんの予防
ピルでリスクが20%減少。

④にきびの減少
ピルでにきびが改善

以上のようにメリットもあるわけです。

ですからメリットと副作用を天秤にかけて、メリットが高い人にはピルをお勧めしますし
デメリットが大きい方にはピルはおススメしていません。




ちなみにデメリットが大きくピルを飲んではいけない方とは

①35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人  血栓症をきたしやすいから
②乳癌  乳癌が悪化する可能性があるから
③偏頭痛のある方  脳卒中をきたしやすいから

などが挙げられます。




またピルを飲まない方がいい方は
①40歳以上
②高血圧、糖尿病など生活習慣病を持っている方
③肥満の方
などがあげられます。

それにしても、ピルは不思議な薬です。
飲んでも全く副作用がなくヘッチャラな人と頭痛と吐き気のため全く飲めない人と
完全に真っ二つに分かれる薬なのです。
頭痛は4-5人に1人、吐き気は3人に1人の頻度で発生します。

ちなみに私はピルを飲んでも全く副作用がありませんでした。
一方、私の友人は1回飲んだだけで吐き気と頭痛がひどくて全く飲めませんでした。

ピルを飲めるか飲めないかは試してみないとわかりませんが
生理痛や生理の出血量が多くて困っている人には劇的に効果がありますので
一度は試してみてもいいかもしれません。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2011-02-15 21:59 | ピルの話

ピルの話 その1

ピルの話がでたついでに、ここでピルについて詳しい話をしてみましょう。

ピルとは飲み薬の避妊薬のことです。
中身は女性ホルモン剤です。

排卵を止める働きがあるので避妊に効果があるのですが、
実は、日本では避妊だけのためにピルを飲む人はそう多くありません。

日本でピルを使う目的のほとんどは、鎮痛剤でも効かない重症の生理痛の治療や
月経不順の治療のためです。
他に月経前緊張症候群という病気や子宮内膜症の治療にも使われたりします。

最近では生理痛や子宮内膜症の患者さんに対しては、健康保険も効くようになりました。

このように、治療のためにピルを使うというのは、我々産婦人科医の中では常識なのですが
一般の患者さんには受け入れがたいのか、外来でピルを勧めても患者さんの反応はいまひとつです。


「え~っ、ピル!    う~ん……」
みたいな感じで、初めは反射的に拒否反応を示す患者さんがほとんどです。

なかには、生理痛があるのでピルを処方されたにもかかわらず、
それを飲まずに、本当にこれで良いのかセカンドオピニオンを聞くために、
わざわざ別の病院を相談する患者さんもいらっしゃいます。

それくらい、ピルを飲むというのは患者さんにとっては重要な決断のようです。
できればピル以外の治療法があればそれを先に試したいという
患者さんの本音が見え隠れしています。

私も、医師として駆け出しのころは、医学書にもピルが治療法であると書いてある
ものですから教科書を忠実に守って、治療の必要性があればピルを勧めていました。

しかし、拒否反応をする患者さんがあまりにも多いので、結局はピルを処方せずに
様子をみるだけにとどまるのが現状でした。
無理やりピルを処方しても、患者さんが納得していなければ
それっきり病院に来なくなるだけだからです。

ピル以外での治療法のニーズが高いので、現在では、漢方治療も取り入れるようにしました。

今では、治療の選択肢に幅を持たせて、ピル以外の治療法も説明することで、
患者さんが最も興味を示した治療法から始めるようにしています。
そうするとだいたい患者さんの好みは、ピルと漢方、大体半々ぐらいに分かれます。

次回は、ピルの副作用について説明していきましょう。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2011-02-04 17:30 | ピルの話

ピルは子宮体がんを予防してくれる

子宮体がんですが、予防法はあるのでしょうか?
子宮頸がんの予防はワクチンです。
一方、子宮体がんの場合はピルが予防になるのです。

そもそも子宮体がんの原因はエストロゲンという女性ホルモンが原因です。

ピルにはエストロゲンとプロゲステロンという
2種類の女性ホルモンが含まれています。
エストロゲンのみですと子宮体がんになりやすくなるのですが、
エストロゲンとプロゲステロンの両方を摂取すると
むしろ子宮体がんになりにくくなるのです。

不思議ですね。
プロゲステロンには子宮内膜の増殖を防ぐ作用があるためと言われています。

ちなみにおまけですが、ピルは卵巣がんも予防してくれます。

多嚢胞性卵巣症候群や月経不順の人の治療にピルを使うことがありますが、
それは生理周期を整える目的と同時に子宮体がんを予防することも必要だからです。

また、肥満や糖尿病も子宮体がんのリスクとなりますので
そうならない生活習慣も予防には大切だと思います。

最後に、出産することも子宮体がんのリスクを減らします。
子だくさんの女性にとっては嬉しい話ですね。

子宮体がんを予防するためだけにピルを飲む必要はないと思いますが
生理痛がひどくて鎮痛剤だけでは痛みが取りきれない人や
月経不順や避妊希望がある人には、ピルは選択肢としてはありだと思います。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2011-02-01 17:30 | 子宮体がんの話

 月経不順の人は子宮体がんに要注意

月経不順には様々な原因があるのですが、その中でも特に注意が必要なケースに
多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせい らんそう しょうこうぐん)
と言われる病気があります。

難しい病名が出てきたので、読む気が失せた方ごめんなさい。

わかりやすく言いますと、排卵できなくなる病気です。
原因は現在の医学でもまだ解明されていません。
排卵できないものですから、不妊になったり、月経不順になったりします。

月経不順の人で、一度も検査を受けたことのない人は一度婦人科で調べてもらいましょう。
このように思わぬ病気が見つかることがあります。

そして、この病気。
不妊になるだけでは済まないのです。

実は若年性の子宮体がんになりやすいのです。
通常、子宮体がんは50歳以上の中年女性に発症することが多いのですが、
多嚢胞性卵巣症候群の人は30代でこの子宮体がんを発症することがあるのです。

私自身も医師として36歳の子宮体がんの患者さんを診たことがあります。
若いころから月経不順だったそうですが、これまで特に検査を受けたことはなかったそうです。
お腹の調子が悪くなり、病院を受診したら、なんと既に手遅れの子宮体がんが見つかってしまいました。
御本人にとってもまさかの現実だったと思います。

まれではありますが、こういうケースもありますので、月経不順の方は、一度病院で調べてもらいましょうね。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2011-01-28 17:30 | 子宮体がんの話

子宮体がんの診断は難しい

子宮体がんの検査は、子宮頸がんと同様、子宮から細胞をこすって取ってきて
顕微鏡で調べます。
これだけ聞いたら、とても簡単な検査のように感じますが、実際はそう簡単ではないのです。

といいますのも、子宮頸がんの検査をするときは、診察すると簡単に子宮頸部そのものを
目で見ることができます。
子宮の出口なので簡単に見ることができるのですね。
見えるところを検査するのはとても簡単です。

一方、子宮体がんの検査する場所は、子宮の中そのものなので、診察しても見えない場所なのです。
我々医師は、その見えない子宮の中に、細い棒のような検査器具を挿入して細胞を取ってくるのです。

ですから、言い方は悪いですが、検査器具の棒にうまく癌細胞がひかかってくれるかどうかは
運次第ということになります。
実際、このような手法ですと、子宮体がんの検出率はわずか60%しかないと言われています。


つまり、本当は子宮体がんがあるにもかかわらず、検査の結果で異常なしと
誤診されてしまう人が40%もいるということになるのです。
これでは検査法としてはいまいちですよね。

ではそうすれば、子宮体がんの検査をもっと確実なものにすることができるのでしょうか?

それは、超音波検査と子宮体がんの精密検査である組織検査を併用することです。
これにより検出率は90%以上とかなり高くなります。
ただし、この検査は通常の検診ドックではできません。
やはり病院を受診しないと受けられないのです。

皆さん、子宮頸がん検診は、地域のバス検診や職場の検診でも受けられますが、
子宮体がん検診ってあまり聞きなれないと思います。
それは、子宮体がんを正確に診断すること自体が難しく
検診のシステムとして普及させにくいという事情があるからです。

医師の側にとっても、子宮体がんの診断を正確に行うことは、かなり難しいことなのです。
いろいろ検査をしたにも関わらず、子宮体がんが見つからず、
再検査を何度も受けてようやく子宮体がんが見つかったというケースもよくあります。

患者さんは、今の医学は進歩しているから、検査さえ受ければ
何でもわかると思っていらっしゃるかもしれませんが、現在でもなお、診断が難しい病気はあるものです。

子宮体がんはその一つと言えるでしょう。


ちなみに子宮体がんの検査は、少し痛いです。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2011-01-25 17:30 | 子宮体がんの話

子宮体がんとは

子宮がんって2種類あるとご存知ですか?
しかもその違いわかりますか?
実は、一般の人には意外に知られていなかったりします。

妊娠中に赤ちゃんが育つ空間が子宮体部と呼ばれる場所のことです。
一方、出産のときに赤ちゃんが子宮から出てくる出口となる部分は子宮頸部に相当します。

ガンが、子宮の中そのものにできれば子宮体がんと呼び
子宮の出口にできれば子宮頸がんと呼びます。

e0210248_15153779.jpg


同じ子宮がんとは言っても、両者は原因も治療法もまったく異なります。
したがって、この二つは全く別の病気と理解してください。

そもそも、子宮頸がんの原因はエッチで移るヒトパピローマウイルス(HPV)です。
(詳細は子宮頸がんの話 参照)

それに対し、子宮体がんの原因は女性ホルモンの一種であるエストロゲンなのです。

原因が違うのですから、発症する年齢にも違いがあります。
子宮頸がんは20~30代の若い女性に増加していますが
子宮体がんは50歳以上の中年女性に多く発症します。


女性を女性らしくするためのエストロゲンですが、良いことにだけ働いてくれるのではなく
場合によっては、ガンのような病気を引き起こし、不都合にも働くのです。
女性ホルモンが女性に悪さするというのも皮肉な話です。

では、子宮体がんはどのような人に多いのでしょうか?
女性ホルモンのエストロゲンが原因ですから、エストロゲンが多い人がなりやすい
ということは容易に想像がつきますよね。


実は肥満女性に多いのです。
肥満の元である脂肪細胞からはエストロゲンが作られているのです。
太った人は肌に艶がありピチピチしていますが、それは単に膨れているからではなく
脂肪細胞からでるエストロゲンのおかげでもあります。

また、閉経後の女性や月経不順の女性、出産歴のない女性も子宮体がんになりやすいと言われています。

したがって、独身で、小肥りで、もともと月経不順ぎみの女性は要注意かもしれません。


次回は、子宮体がんの検査法について説明いたしましょう。
[PR]
# by ikomatomomiclinic | 2011-01-21 17:30 | 子宮体がんの話